【ウ・1】

ウキ  ウキ・浮き  
ウキとは水に浮く物の総称である。漁網に付ける浮子も、釣りのウキも、などなど・・・・。英語の辞書を調べても、buoyとfloatとがあり、難しい。刺し網に使われるオレンジ浮子には、floatとあるが、buoyも聞いた事がある。こっちは救命ブイか・・・・。  浮子の別の呼び方で、一般的にはこの方が分かりやすいだろう。「アバを収集しています」なんて言うと、ちょっとプロっぽいが、「ウキをひろっています」だと、もっと軽い感じになるね。ビーチコーミングをしていると、浜辺で行き交った人に声をかけられることがある。そんな時に相手はどうも私の大きなゴミ袋に関心があるようだ。顔はこちらを向いていても、目は時々ゴミ袋の方へ。中には『何かいいモノあるんですか?』と聞いてくる人もいるので、そんな時に私はオレンジ浮子を取り出し、「これは台湾の浮きで、分布を調査して海流の研究をしています」と適当に答えることにしている。そうすると相手は『へぇ〜!・・ご苦労様です』となって分かりやすいんだな、これが。(林)

ウキウキケンキュウカイ  ウキウキ研究会  
2002年4月に横浜のケマさんと林が始めた浮子に関する研究会。二人で始めた小さな会だったが、オタクの域を脱し、2002年11月に行われた漂着物学会総会では、45名の個人参加者のうち、ウキウキ研究会の会員が10名を占めるという圧力団体になるまで成長した。2003年1月現在の会員数は23名だ。こんなに増えるとは思わなかった。最初の頃は予備も含めて通信を20部作ったら、多すぎるかなぁと思っていたが、今ではそれを超してしまった。(林)

ウキウキノレン  ウキウキ暖簾
2006年10月14、15日に開催された第6回漂着物学会北海道大会の時に、会場である襟裳岬「風の館」に展示された。漂着物学会及びウキウキ研究会でお馴染みの様似町在住のカナタさんこと田中正人さんにより製作された。材料は、一体成形ウキ(陽刻は「道南」と「スタフレンフロー」)の青色448個、オレンジ色158個、赤い小さなウキが25個、貫通ウキがオレンジ色6個、青色6個、みどり色63個を使用している。当初は、学会期間のみの展示の予定であったが、あまりの素晴らしさに終了後も継続して展示している。(石川)
c0106448_9152420.jpg


ウキダマ  浮き玉  
球形の浮子をいう。私の感覚からすれば、小さな浮き玉はかわいい。そしてプラスチックの浮子よりもガラス製の方が浮き玉にふさわしい。もちろんでっかいガラス玉はたくさん欲しいけど、借家住まいの私には置き場が無いんだよなぁ。(林)
c0106448_22252840.jpg


ウキダマホウロウキ  浮き玉放浪記  
2002年暮に閉鎖した「Stardust Box」というホームページがあった。小舟さんという女性の作られたこのサイトは、彼女が作ったクラフトを中心にしたとてもセンスの良いサイトだった。その中に浮き玉放浪記があった。一時は閉鎖されていたHPも、今は復活しています。ご覧下さい。(林)

ウキダル  浮樽  
酒やたまりの桶を網のウキとしても使った。愛知県知多半島で行われていたナガノ漁と呼ばれる延縄漁の一種では、この浮樽を縄の最初と最後に目印としてつけた。瀬戸内海のサワラ流し網では、夜間操業のために網の両端と中央につけた浮樽の上面にランプを取り付けて使ったので、「火樽」とも呼ばれた。(林)              
浮樽はアマの道具。潜水漁の際に全国的に使用されてきた。徳島県内では潜水漁の盛んな阿南市、伊島、由岐町、牟岐町など県南で使用されてきた。  潜水漁の際、木樽にフゴと呼ばれる小型の網をつけ、海面に浮かせ船に繋いで流しておく。海底でとってきたアワビやナマコなどを、漁をしている間はこのフゴに入れておいておく。フゴの下には分銅をつけて安定させるが、潮流の早い伊島付近では3?にもなる分銅をつけるとのこと。漁の途中、少し休憩するときには、浮樽の上に腹這いに載って休む。現在では木樽製造者がいなくなり、プラダル(プラスチックの樽)に切り替わっている。  こんなものが漂着することは、なかなかないだろうが…それだけに…(磯本)
[PR]
by ukiukijiten | 2007-01-25 18:10 | ア〜オ


<< 【イ】 【ウ・2】 >>