カテゴリ:未分類( 3 )

序 文

           浮子ウキ事始メ     石井 忠
c0106448_2237325.jpg
 海岸歩きで、一番最初に目につくのは、漁具の浮子でした。しかし、プラスチック製品は、あまり関心がなく、もっぱら木製品と手造り製品に関心がありました。韓国の丸浮子や楕円状のもの、中国の青色や灰色のものは、色や形、刻された省名(場所)は一応集めてはいました。その後オレンジ浮子が目立ちはじめましたが、それも一通り集めるだけでした。
 時間があれば浮子について調べてみたいと思っていたのですが、そのままになって、ダンボールの中に眠っていたのです。
 この浮子を林重雄氏が注目され、オレンジ浮子について「日本沿岸に漂着するオレンジ浮子」(2002年)をまとめ、更にウキウキ研究会までつくり、福岡での漂着物学会では研究発表されたのだから驚きました。すごいですね。
 今回は全国からの情報を集めて、まとめるというのですから、浮子の決定版となることでしょう。
 できればプラスチック浮子から、古い時代の浮子までさかのぼられたらいいなぁ。事実、軽石や白樺樹皮製も漂着しているので、これは考古学の発掘遺物や世界各地でも使われているので、そこにもたどり着くのではと思いますね。次なるテーマは、ルーツを求めて過去にさかのぼるウキウキ漂流がはじまることを期待しています。
 更に浮子があれば、相棒の沈子(ちんし・おもり)も黙っていないでしょうね。人生、浮き沈みの連続です。ぜひ、沈子も浮かして下さい。


 石井 忠先生漂着関連著作リスト

 漂着物の博物誌 西日本新聞社 (1977/09)
 漂着物事典 海からのメッセージ 海鳥社 (1986/11)
 漂着物事典―海からのメッセージ (朝日文庫) 朝日新聞社 (1990/09)
 海辺の民俗学 (新潮選書)  新潮社 (1992/04)
 新編漂着物事典―海からのメッセージ 海鳥社 (1999/05)
 漂着物考―浜辺のミュージアム (INAX BOOKLET) INAX (2003/9/15)
 漂着物探験―風と潮のローマンス みずのわ出版 (2004/11)
 ビーチコーミングをはじめよう―海辺の漂着物さがし 木星舎 (2013/09)

 他に雑誌などの寄稿多数 
 漂着物学会名誉会長
 1937-2016






.

                                                        
[PR]
by ukiukijiten | 2014-06-07 11:12

☆ウキウキ事典☆ 2007年3月公開版 随時更新される予定です。

使い方
 ウキウキ事典では、ウキや漁具に関する項目を、アイウエオ順に並べてあります。
 自分が探したい言葉の頭文字を含む行(ア・カ・サ・タ・ナ・ハ・マ・ヤ・ラ・ワ)へもすぐにジャンプできるようにしてありますので、右側の枠にあるカタカナをクリックすれば、その行ページに飛ぶようにしてあります。

 トップページに戻りたいときには右側の枠にある「全体」をクリックしてください。

 また、検索もかけられるようになっています。




ウキウキ事典執筆者・写真提供者 (敬称略)

 石井 忠  石川慎也  磯本宏紀  茨木 靖  金子エミ  川崎庸次  
 京馬伸子  小林真樹  鈴木明彦  高橋宏美  田中利雄  田中正人  
 中司光子  林 重雄  林 晴美  久野幸子  松本敏郎  寮美千子



参考文献
石井忠 漂着物の博物誌 1977
石井忠 漂着物事典 1986
石井忠 海辺の民俗学 1992
石井忠 海からのメッセージ・漂着物 1993
石井忠 新編漂着物事典 1999
石井忠ほか 漂着物考 2003
Webber Beachcombing and Camping along the Northwest Coast 1978
Webber I'd rather be Beachcombing 1993
Wood Beachcombing for Japanese Glass Floats 1967、1985
Wood Beachcombing the Pacific 1987
ウキウキ研究会 プカプカ通信
柏崎市立博物館 渚モノがたり 2006
金田貞之 日本の漁具・漁法図説 1994
小島あずさ他 プラスチックの海 1995
佐藤潤四郎 ガラスの旅 1976
鈴木明彦 北海道の漂着物 2006
Pich Beachcomber's guide to the Northwest 1997
Pich GlassBall 2004
平塚市博物館 漂着物図鑑 1997
漂着物学会 会報・どんぶらこ
松井佳一 日本の水産業 1943
山口晴幸 漂着ゴミ 2002
鷲尾圭司 明石海峡魚景色 1989
[PR]
by ukiukijiten | 2014-06-07 11:06

あとがき


漂着物学会のあった2002年11月ころから、ウキウキ事典の構想を頭に描いていました。そして、プカプカ通信で紹介し、二ヶ月という短い締め切りにも関わらず、たくさんの方々から原稿、写真、資料などをいただきました。  最初は、「果たしてどれだけ集まるのか?」と思っていましたが、17名の方々に原稿を寄せていただきました。 私は、漂着物としての浮子を中心に書きましたが、執筆者の中には、漁業従事者へ聞き取り調査を行って書かれた方もみえ、「叩き台」と思って始めた事典ですが、予想した以上に、原稿が集まり、同じ項目でも,とらえかたの違いが見られるようになり、内容も充実してきたのではと思っています。  漂着物学会の会長、石井忠さんには、序文と「反共に燃えた浮子」という玉稿を頂きました。ありがとうございました。  石井忠さんが1986年に著された「漂着物事典」は文庫にもなり、1999年には「新編・漂着物事典」となった。これらの本は私にとって、漂着物のバイブルである。どこから読み始めても楽しく読め、何度読み返しても飽きることがない。そんなバイブルに少しでも近付けたらと、ウキウキ研究会のみなさんの力を借りた成果がこのウキウキ事典です。                                    
[PR]
by ukiukijiten | 2007-01-22 16:38